Edo::World::Blog

〜Linux/Solaris関連の作業メモ〜

Network

[Solaris11] IPアドレス設定

毎回忘れるのでメモ

続きを読む

CentOS6インストール後、NICが有効にならない

CentOS6でインストール直後にネットワークに繋がらなかったら、

ONBOOTの設定が"no"となっている可能性が高い。

インターフェースが有効になっているかを確認。

操作例(環境確認):

# ifconfig -a eth0 | grep 'inet addr' 
#         ※何も表示されない・・・

# grep ONBOOT /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
ONBOOT="no"

上記のように「ONBOOT="no"」の場合は以下のように修正する。

操作例(定義変更):

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="static"
BROADCAST="192.168.1.255"
DNS1="192.168.1.1"
GATEWAY="192.168.1.1"
HWADDR="XX:XX:XX:XX:XX::XX"
IPADDR="192.168.1.111"
NETMASK="255.255.255.0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"    ※"yes"に変更すること

※ネットワークサービス再起動
# service network restart
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:                          [  OK  ]

※IPアドレスが付与されている事を確認
# ifconfig -a eth0 | grep 'inet addr'
          inet addr:192.168.1.111  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
プロフィール

edworld

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ